化粧水 赤み オススメ

お肌の赤みに化粧水は効果があるの?

 

 

お肌の赤みをファンデーションで隠せない、常に赤くて恥ずかしい、こんな経験がありませんか。顔全体、または鼻や頬など顔の目立つ部位が赤くなった状態を「赤ら顔」といいます。なかなか改善しないようなら皮膚科に相談をすることがおすすめですが、「皮膚科に通うのはちょっと」、という方もいると思います。

 

肌の赤みが軽症なら化粧水で改善する可能性があります。

 

毛細血管が拡張し、皮膚を通して見えてしまうと赤ら顔になります。毛細血管が拡張する原因には、ニキビによる炎症、皮脂による炎症、皮膚の炎症、気温や体質によるものなどがあります。

 

これらのうち、ニキビによる炎症や皮脂による炎症は、化粧水でケアができます。では、どんな化粧水を選んだらいいのでしょうか。

 

 

赤ら顔でお悩みの人におすすめの化粧水はコレ!

 

 

 

肌の赤みにおすすめの化粧水をランキングで紹介します。

 

 

第1位は「しろ彩」です。

 

 

 

「あきらめていたけれど、肌の赤みが減ったかも」

 

「きれいになったねといわれた」

 

使っている人がこんな変化を実感している化粧水が「白漢しろ彩」です。白漢しろ彩には3つの特徴があります。

 

1つめは4つの和漢植物エキスを配合していることです。ショウガ根茎エキス、甘草、茯苓、センキュウは、漢方薬にも使用されています。保湿、肌荒れ抑制、巡り改善などの働きを持っています。

 

2つめはビタミンC誘導体を配合していることです。ビタミンC誘導体には、抗酸化作用やニキビの改善をサポートする働きがあります。赤ら顔の原因の炎症に働きかけます。

 

3つめは保湿成分を配合していることです。セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合しています。肌に潤いを与えることで、保護力アップが期待できます。

 

 

無添加にもこだわっています。デリケートな肌にも使ってもらえるように、アルコール、パラベン、香料などは使用していません。

 

さらに、多層浸透型バリアテクノロジーのより、角質層にグングンと浸透をします。肌と同じラメラ構造を作ることに成功、肌の構造に似ているからグングン浸透するのです。つまり、今までの化粧水とは違う、赤ら顔のための化粧水です。

 

 

 

 

第2位は「OI(オイズ) PBジェル」です。

 

 

 

オイズPBジェルには2つの特徴があります。

 

1つめはプレミアム発酵エキスを配合していることです。プレミアム発酵エキスとは、5つの発酵菌や美容ハーブなど全20種類の成分をバランスよく配合した成分のことです。肌のバリア機能、ハリ、ツヤ、保湿などをサポートします。

 

2つめはスーッとなじむことです。オイズPBジェルは、スポーツ飲料にも使われる技術を取り入れ、浸透を手助けするイオン系成分を配合しています。肌にスーッと浸透をして、ぷるぷる、もちもちは肌へと導きます。

 

オイズPBジェルは、顔だけでなく全身に使用できます。全身の保湿ジェルに、家族全員で、マッサージエルに、こんな使い方もできます。

 

赤ら顔に悩む肌はデリケートです。だから、香料、着色料、パラベンなどは使用していません。

 

 

 

 

第3位は「アカラフォーミュラ」です。

 

 

 

アカラフォーミュラは、これ1本でスキンケアできるオールインワンです。洗顔後はこれ1本、乳液やクリームは必要ありません。

 

アカラフォーミュラの主要成分は、セイヨウサンザシエキスとアルニア花エキスです。この2つの成分には、炎症を鎮める、末梢の血液循環を改善するなどの働きがあります。他にも、甘草エキス、スギナエキス、ホップエキス、ローズマリーエキスなど、さまざまな成分が配合されています。

 

オールインワンは、これだけでスキンケアが完了するので、時短スキンケアができて便利です。でも、これ1つで保湿できるのか不安になりませんか?アカラフォーミュラには、保湿成分のヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチンが配合されています。惜しみなく配合したこれらの成分が、健康的な肌へと導きます。

 

アルコールや界面活性剤は肌トラブルの原因になります。だから、アカラフォーミュラは、アルコール、界面活性剤、着色料、香料など肌に刺激を与える成分は配合していません。

 

 

 

 

イチバンオススメなのは赤ら顔専用化粧水の「白漢しろ彩」

 

 

 

イチバンのおすすめは「白漢しろ彩」です。

 

赤ら顔の原因の一つが皮膚の炎症です。ニキビや皮脂の炎症で毛細血管が拡張してしまい、赤ら顔になってしまうのです。

 

白漢しろ彩には、炎症を鎮める手助けをするビタミンC誘導体が配合されています。赤ら顔の治療に漢方薬が処方されることがありますが、白漢しろ彩には和漢植物エキスも使用されています。

 

そして、低刺激試験も行われています。試験の結果、93%が好評価をしています。デリケートな肌でも使えるように、アルコール、パラベン、香料、着色料、フェノキシエタノール、鉱物油は配合していません。肌に刺激を与えると炎症を起こしてしまうので、肌に優しいことも大切です。